FC2ブログ
日記とレポートがまだごちゃごちゃな状態です
日記には自由にコメントしていただきたいのですが
レポートには、補足情報などを書いていただけると とても助かります。
現在、友達と共用ブログやっておりました
こっちも寄ってもらえると嬉しいな~
お金持ちになりたい・・・
フリマの紫文字のランクの商品を指を咥えて見ているだけの方々
僕もその一人です
説得力はからっきしですが、か細い自論を

お金もちになる道は二つ存在していると思います
コツコツ貯めるタイプと
一攫千金を狙うタイプ
現実的に言えば、コツコツ働く人と
いい年こいて埋蔵金とか堀探している人
絶対後者は、報われない、お金を貸したくない!
しかしそれは現実の常識
ゲーム内では絶えずお宝が出土しているのです

コツコツ貯める!
まさに数狩りスタイル
軽いモンスターを数狩って、そのメルやドロップ品で
少しずつ、しかし確実に・・・そんな貯まり方
ドロップ率に素直に比例してくれるのが良さ
サクサクドロップタイムに当たればほぼ2倍の収穫が期待できます
対象は落とすメルとNPCの店に売りつける装備品(武器は積極的に売らないほうがいいかも・・)
これで利益を出し、あとは薬代を最低限に抑える
(僕がピンチのときはダブルショットを代用してMP消費を節約します)
ちりも積もれば山となる、貯まったお金を倉庫に貯めておきましょう

一攫千金を狙う!
高レベルモンスターの出すレアドロップを狙って狙って狙う狩りです
大物が相手なので、ただでさえレアなのに、たくさん数が狩れない・・
そんな事情で滅多には落としてくれません(リザードマン相当狩ったのに収穫0・・)
よって諦めない人向け
レベル上げの一環として組み込むことができるのが強み
PTでひたすら数を狩ってドロップしたらみんなで山分け、が理想的ですが・・

境界線があやふやなので
ごったで紹介します

30~
ダンジョンの入り口
Dr.ハイスタンプが多く狩れる為
古木の樹液が多く手に入る上
同じくDr.ハイスタンプとファイアボアから
ダブルで無銘の刀も狙える

40~
時間の道1
イヤらしい反撃魔法のプラトンクロノスだが
攻撃手袋60%とミスティックシールドを併せ持っている
レアの持ち主の割には湧きがいいため狙うならここ

雲の公園1
狙うはネペンデスの蜜
需要の高さから高値が付くアイテムで
このネペンシスしか落としません
近づくものへの無差別な反撃が甚だしいですが
ネペンデスの蜜でビジネスを立ち上げたい方はここ

70~
狐の丘
月の丘
死んだ木の森
軍営
ストレイフを携えた今!
こういった顔ぶれもスピーディに狩ることが可能になり
前向きにお金を貯めることが可能です
効率的にもまだまだいける、急に狩り場を変える必要もなかったり

80~
ゴーレムの森
ジョイントゴーレムも一撃が決定することろ
アイアンアローで繰り広げる石ころの悲劇
それでいてしゃあしゃあと攻撃手袋60%なんてものを持っている
効率的にもまだそこそこいけるため、PTで狩るのをオススメします

90~
研究所201号
完全安置、それでいて爆発的沸き
アローイラプションは常に6匹を抑えている状態
この狩り場の特色は安置にいながらアイテムが拾えるという甘々設計
かなりすぐれていると思います

赤鼻海賊団の盗掘2
ものすごい狩り場が出てきました
マップのせまさ、モンスターの図体の大きさから
2段にかけてイラプションに巻き込めるということで
雑な狩りでも相当な数を狩ることが可能
ペット必須、みたいなもんですが

森の分かれ道
少しリスクは伴いますが所詮羊
アイスショットとパペットを駆使し丁寧に狩れば安全
突進モードに入られる前に、凍らしてそのまま倒してしまえばのんびりな狩り場
今でこそ100装備で一攫千金なんて薄れてきた時代の流れですが
良品はやはり高値で売ることができ、何よりも100の石弓ネシェルを落とします
プラス日シュリも望めることもあって、ここは要チェック

100~
危険山道
超が付く沸き、アイアンアローでの超が付くほど雑な狩りが主
接触の絶えない中厳しいけれど、塩ラーメンで節約し
ただただ数を狩りましょう
高めに設定されたメルとETC売値と凡ドロップ
とてもそうは見えないような狩場ですが
かなりの黒字が望めます

危険な海峡2
完璧といえる石弓とモンスターの愛称
程よい沸きに、海環境
そんなことからほぼ無血の狩りが実現
また狙いは攻撃手袋60%
効率も相当な上、黒字も望める
個人的には最高の狩り場ですが、退屈すぎて・・

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぺろさんのあしあと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.