日記とレポートがまだごちゃごちゃな状態です
日記には自由にコメントしていただきたいのですが
レポートには、補足情報などを書いていただけると とても助かります。
現在、友達と共用ブログやっておりました
こっちも寄ってもらえると嬉しいな~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖くないとかほざくやつほど、汗びっしょり
またの試合でしたが
県でベスト5だかのシード高相手に4-5と
うちの高校の強さを知りました
4-5で負けたのですが
かなり熱くなりました
なんと最終回ですが、1アウト3塁!
応援も燃え尽きりました・・
これで一旦応援団の活動は停止
部活がひとつへったようで少々寂しいですが
これで思い切り、電算機で検定勉強ができるわけです
ま、ぶっちゃけあんまりしたくないんだけどね


ということで
今日もくろぴにつれられバーケンへ
なんとまぁ、もうレベル81
どういう狩りかたしてるんだ!この間30そこらだったのに
という感じですよね
まぁ、狩りまくってるだけでしょうけど
それでバーケンが血が出るほどうまいらしいので
結局付き合うことに
前はいやでしたが、もうそろそろ好きになれたかも・・
効率はまぁ、結構イイんですね
ふーさんがいるためクスリも使いませんし
でも氷を使わないというのがまだ慣れません・・
7261.jpg

3人でもはやケンタの声すらかき消されるほど熱く狩りました
6303.jpg

闇と火の戦場です!
右側でふーさんがケンタを嬲り殺し
左側でくろぴがバーケンを凍え砕き
全体で俺がひたすら吼えるかんじです

沸きがよくイラプイラプレイフってかんじで
ですがその適当さでも、ヒールは掛けてくれますので
よく考えればすごい気楽に狩れます

とはいっても今日狩ったのは一時間程度
なぜってそれは
アンビリーバボー心霊写真SPがあるからです・・

こういう特集は怖い!見たら風呂はいれない!
でも、見たい!すごい気になるぜ!
という二つの強い気持ちがぶつかり合い
勝ち負けというよりは
後者が上にかぶさるようになって
結局怖くて風呂に入れなくなるものでして
毎年夏に味わう後悔というわけですが
歴史は繰り返される、後悔させられるのもまた青春
というわけで見ることにしました
7264.jpg

窓からのぞいてる少女・・
子供の笑顔を隠すように移る手・・
レンジに移る笑う顔・・
北野たけし・・
3枚の別々の卒業写真に移った赤い手・・
海で遊ぶ子供の足元のドクロ・・
仏壇の鏡にうつるなにか・・
ビートたけし・・

あれ?
怖くないかも


そうです、今年はイマイチでしたね
一つとして、くっきり移るものはないでしたし
もっと恐ろしい呪い的な理由もなく
どれもウツッチマッタゴーストって感じでした
※ウツッチマッタゴースト=移っちゃった幽霊

もう結構前ですが
僕が小学生のとき、これと同じような特集がやってました
そのときに見た写真が
海だかを埋め立てして作った家の風呂での心霊写真で
埋め立てされてムカついた仲間たちが湯船に脅しにやってきた
というもので、湯船にくっきり目が移っていました
当時の僕には致命的で、その晩はダウン
結局泣き出してしまいました
その後の一週間くらいも、風呂に入るたびに独り言をいってごまかしたりしてました
それくらい心霊が苦手な僕ですら
ダメージが小さいものでした
もしかしたら耐性が上がったのかもしれませんね
その後一時心霊写真がマイブームとなり
マイブームというか、友人のグループ内ではやり
心霊写真のサイトを片っ端から見たりしてました
なぜ、あの海の仲間たちの写真にけちょんけちょんにされた直後
あんなことができたのかわかりませんが
多分あのころの自分らは気持ち悪かっただろうな~
趣味のいいもんではありませんね
ですが、わかるでしょう?見たいという気持ち
けれどそんなひと時のマイ気分で見て耐えられるものではありませんから
ネット上を探すのは、オススメできませんね

今回のアンビリーバボーを見て思ったこと
7262.jpg

心霊写真があまり怖くなかったということ

それともう一つ
7263.jpg

ドクター服部は相当すばらしい人であるということ

もしも次、どこかで心霊特集があったなら見ますよ
なんか今回ので急に自信を持ってしまいました
あーでもネット上のはその2倍3倍怖い!
そういうサイトの紹介はヨシテネ・・


☆コメ返
バラ
706d.jpg

ホ・ネ・ホ・ネェェ-!

シル
そういうわけっす(ミジカッ

チョベ
ばれましたか・・
たしかにガクゥと落ちましたな頻度
言い訳じゃないけど俺の場合一回の更新に30分はかかるし
最近SSとるのを忘れてしまっていたり・・
まぁ応援がなくなったんでこれからはします!それなりに
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぺろさんのあしあと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。