FC2ブログ
日記とレポートがまだごちゃごちゃな状態です
日記には自由にコメントしていただきたいのですが
レポートには、補足情報などを書いていただけると とても助かります。
現在、友達と共用ブログやっておりました
こっちも寄ってもらえると嬉しいな~
憎めないアイツは、人呼んでゴーグル
どうもこんにちわ!
またまたレポート書きましたよ
ゴールデンイーグルについて
まぁ、この記事の↓に控えているわけでわざわざリンク貼る必要もないんだけどね
最近来客数が増えてまいりました!
波に乗りますぜ!
今のところ予告
アローイラプションについて
あと短編になりますが
スラストやフォーカス等の縁の下の力持ちもプッシュしていきたい
なにより4次スキルのほうもご紹介していきたい・・!
あとのレベル8が・・あがらんッ!
4次になるにはこの期間がチャンスかと思われますが・・
4次になってすぐスキルを覚えられるわけでなく
また狩りもイマイチ進まないため
今は撮影以外でメイプルストーリーへログインしておりません・・

そろそろスキル紹介はネタ切れなので
やはり、育成考察のほうを洗練していきましょう
「ぺろさんのあしあと」というタイトルでやっている以上
こういった押し付けがましい要素が必要でしょ!
ヤミクモに狩り場レポートばかり書いてた以前とは打って変わって
サイトとしてのクオリティをバシバシ上げていく次第です!


taka1koma.jpg
ピ~ヒョロロ、勤務態度はなんら問題ないのだが・・

昨日お笑いダイナマイトの片手間に書きあげたゴールデンイーグルについてですが
今に見返すと、割と見もふたもないご様子で・・
ゴールデンイーグルを口あんぐりになって見ていた時期もありましたが
いざ、自分が引き連れると、息が合わないこと合わないこと
弓使いでは可愛がる方が多いようですが
石弓使いはアイスショットなる極ウマスキルがあるためそのありがたみは薄いわけです
知る人ぞ知る、愛鷲家団体「鷲の会」も9割が弓使いだとか・・
           仮想の団体です

僕が唯一、彼のことをやるじゃねぇかと見直した狩り場がココ
7074.jpg
龍の巣入り口です!
狩り場レポートを書こうかしらと睨んでいるMAPです
まだ狩りこなせないけどね・・

ここは狩り場が狭く、沸きこそ少ないものの、常に手の届くところにワイバーン・・!
奴等の体が動くたび・・大の大人も戦慄くとか・・!
うかうか真ん中へ来たもんなら、挟み撃ちにされることも日常茶飯事!
そんな時、背中を守ってくれるたのがゴールデンイーグルでした!
ゴールデンイーグルは身近なモンスターを選ぶので
止めて欲しいモンスターとの距離を詰めるのがコツですね
背後に沸いたからといって、逃げてはなりません
我々にはちょっと不得意な仁王立ちでその場を乗り切るのだとか!

戦場で培った絆は何よりも固い・・!
しかし、僕が彼に戦力外通告を下したのはその後まもなくであった・・!


狩り場1などで、人畜無害をむしゃむしゃ食い散らかさせるのは見ていて愉快!
1次の魔法使いといい勝負なんですよね!合法的横狩り!飼い主のモラル低下!
どの道15レベルまで上げなくてはならないので、どこかしらで使ってあげましょう

★ご質問の回答
Q凍らない方の鮫さんとかグレィトォゥゥ・ファントムウォッチ等を狩るときは主にパヘットを使って狩ることになるのかな?
 四次になったことがないのでわかりませんがSEでダメージが跳ね上がるみたいだから
 ちまちま気絶させて手数かけて一体ずつ狩るような倒し方はあんまりしなくなるんでしょうか

A実は僕も4次にはなっていないんです・・
 先輩方の顔色伺って得た情報や、自分の想像でこのサイトは構成されていました
 凍らないモンスターについてですが・・
 氷魔の人程ではありませんが、アイスショットに依存ぎみの石弓もなるべく避けて通りたいですね
 ただ鮫さんについては、海という地形を生かし狩ることが可能です、こちらにて考察
 4次での狩りかたですが・・
 フリズベルクが身近のモンスターを凍結させてくれるので
 それに委ねた狩りになるんじゃないかなと予想
 アイスショットの手間が省けてスピードアップが図れそうです

雑談ですが石弓は数少ない主力スキルが変わらない職業・・
弓使いが暴風かましているのを尻目に、旧態依然ストレイフなわけです
ダークナイトのバーサークのような攻撃力アップのオプションが付くわけでもなく
自分自身クロスボウマスターの強みがどこから沸いて出るのか不可解でしたが
フリズベルクという優秀な部下、ピオジングの桁外れの威力、スナイピングなる切り札
決め手こそないものの、興味深い職業ですよね~

kurikku.jpg
スポンサーサイト



ゴールデンイーグルについて
弓使い、特に我ら石弓使いの中で絶えず物議をかもし続ける、曰くつきのスキル・・
この場にて終止符を打ってやろうじゃないか・・・ゴールデンイーグルよ!!

taka1koma.jpg
ピ~ヒョロロ!主を守る鷲が素朴に参上!


ゴールデンイーグルとは

ゲーム中で数少ない召喚スキル!
一応その端くれであるゴールデンイーグルだけれども
狩りの番狂わせだと、あまり評判はよろしくないようだ・・
taka2koma.jpg
召喚の石を一つ消費し、周りのモンスターをスタンさせる鷲を召喚
主の周りを飛び回り、近辺のモンスターを自身の感覚でチョイスして
必殺の一撃!とも言えぬ微々たる威力を、乱れ付き!とも言えぬスピードで淡々と、そして100%!と言い切れぬ、煮え切らない確率でスタン!
う~ん、ヤツのアイデンティティって如何に・・
MAXで180秒持続、攻撃回数70回、2秒に1回弱・・
ダメージは1000と満たないんです!せめてえげつない攻撃回数を!!
そしてスタン率が99%
そう、この99%スタンがコイツの持ち味!
2秒に一体スタン!
しかし便利なようで、狩りのスピードに付いていけない場面もしばしば
そして忘れちゃならないアイスショットの存在
そう考えるとゴールデンイーグルの存在は考え物です・・

taka3koma.jpg
そっちじゃない!
背後のモンスターにまでも余計なチョッカイを!
相手によってはたちまちピンチ!


taka4koma.jpg
遅い!
今まで何やってたんだ!
思う以上に消極的で頼りきれない一面も・・


tako5koma.jpg
「危ない!」、ちっぽけな脳みそで懸命に主を守ってくれるのだが・・
シンクロがままならず、弊害は多い・・
部下の責任は上司に回ってくる・・
今日も謂れ無きに責任で追われるのであった


taka6koma.jpg
また召喚の石(相場5000メル)一つ消費というのが重い・・
これなけりゃ飾りにでも召喚してやるってのに・・
僕に戦力外通告を下されてから、音信不通気味だったゴールデンイーグルも
召喚の石一つで舞い戻ってきてくれました・・
そして召喚の石に不釣り合いな仕事っぷり、あげく何食わぬ顔で帰ってゆく
決してデキの良い部下とはいえないんですが・・
4次ではフリズベルクとなり帰ってきます!
ゴールデンイーグルとは打って変わって高性能!
フリズベルクの条件となる、ゴールデンイーグルの15レベルお忘れなく!


我がスパッツは露にぬれつつ
どうもこんにちわ!
年末ですね、いかがお過ごしでしょうか!?えぇ!?
現在前向きにサイトの再施行を始めました
レポートを書きましたよ!

パペットについて
モータルブローについて
ちょっとした遊び心も加え
両方とも楽しく書き上げることが出来ました
うんうん、差し支えないようであれば
今あるレポートもこんな具合に書き直そうかと検討中
一番大切なのは”分かりやすさ”ですよね
大丈夫、大丈夫、第一に考えています!
とはいっても、書く時期によってレポートの統一性が弱いですね
規定があって、下線引いたり太字にしたり文字大きくしたりしてるわけでなく
その場その場のなんとなんだよね~
僕を二流三流たらしめる一因だな、きっと・

最近ふと思うのが
ブログで攻略サイト営むにあたり、ちょっとナメすぎかな~
攻略サイトというオーラが今ひとつたりないよね
もうちょっと、らしく改善していきたい!
メイプルストーリー関係の攻略サイトいろいろ見てきましたが
言葉が悪いけれど、なけなしのHTML知識で試行錯誤しながら作ったであろうサイトから
フラッシュを取り入れた、うっとりしてしまうような高性能なサイトまで
みんな一様に努力しているじゃないか、前者なんてお涙頂戴もんだよ
ブログでのサイト作りって楽だもん
でも僕は知っている、ブログでの攻略サイトもそのほとんどが
HTMLやCSSを多用して、安っぽさを感じさせない努力をしている!
もしくは人間臭さを一掃した、機能美に満ち溢れている!
何が言いたいかっていうと・・・
このサイトの方向性に混迷ぎみということです
走り出しては挫ける!立ち上がっては縺れる!
ちぐはぐに迷走を繰り返す、そんなサイトですが来年もよろしく!

悩んで悩んで適当に締めくくるのは僕の十八番だ!

うんうん
楽しかったレポートの作成についても
隠すことなく赤裸々に書き綴るよ!
鋭い人はピンとくる!このレポートに挿入した画像ですが
パペットはルディブリアム
モーテルブローは海で撮影しました、統一性を持たせたつもりです
081226.jpg
モーテルブローの画像に苦労しました・・
撮影時間は1時間を越えた!?かもしれない・・
まず発動率70%がじりじりと僕をイラ付かせやがる
そして即死効果のモーションを取るに当たって
そして即死効果の10%は何度諦めかけたことか・・
徹底的にモータルブローで攻撃すりゃぁ、割と多発するもんだなとは感じますが
一瞬のモーションで、撮影が間に合わない!
で結局、全発一々撮影することになり
みごと一瞬のモーションを捉えたスクリーンショットから優等なのをチョイス
mo-taruda1.jpg
骨が折れましたね・・

とりあえずレポート二つ書き上げたことの達成感は大きいのですが
不可解な余熱で余計なことに手を出し始めた次第です
書き捨てるように、ほったらかしの石弓育成考察を書き直しています
新しい方式を取り入れ小うるさい仕上がりに・・
まだ途中ですよ

訂正するつもりはないです、ないですが・・
11~20の育成考察
0812262.jpg
マントッ・・!
いちいち装備とかまで買い合わせるのは限界があり
こういうボロだしちゃったりするけれど、直視しないでくださいね

★ご質問への回答
Qでも、モータルをマックスにしようとすると他のを削らないと出来なさそうですが
 その場合どれが候補になるでしょう?イーグルでしょうか・・・?

Aその通り、モータルブローは窮屈なスキルスケジュールのもと、結構な幅を取るスキルです
 足りない分をどこから補えばいいかと言うと、
 ゴールデンイーグルとスラストです
 ゴールデンイーグルはお世辞にも実用的だとはいえぬスキルなため
 4次でのフリズベルクの条件である15レベルでストップ(マックスレベル30)
 スラストは十分な性能を得られる10レベルでストップ(マックスレベル20)
 これらの節約でモータルブローにもポイントが回ってきます
 モータルブローを捨ててゴールデンイーグルを積極的に使っていく手段も考えられますが
 ゴールデンイーグルはどうも、アイスショットと相性が悪く
 やはり15でのストップをオススメします
・・・
ご質問ありがとうございます
スキル情報の質の向上とともに、当サイトの不備が発覚!
3次のスキル振りに4次を勘定に入れていなかった!
すいません、早急に訂正いたします

kurikku.jpg
モータルブローについて
モータルブローとは
mo-taru1koma1.jpg
mo-taru2koma.jpg
零距離射撃!しゃあしゃあと迫ってくるモンスターをギャフンと言わせよう!

全弓使いをイラだたせる近距離での”殴り”という欠点をカバーするスキルです
そもそも”殴り”がどういう現象かというと
弓使い及びアサシン、飛び道具を扱う職業は、攻撃時に敵との一定の距離が必要になります
したがって距離を詰めらると、トンチもままならずただその武器で殴ることしかできない弱者になってしまいます・・
そしてこの”殴り”のダメージは極めて低い・・
弓使いの場合は扱う弓、石弓にノックバック率が設けられており、一定確率でモンスターを吹き飛ばすことが出来ますが
それもダメージに関わる効果なため、その存在感は序盤のみのものとされる
その為のパワーノックバックですからね
つまり、この”殴り”は弓使いの遠くからしか物言えぬ弱さであり
狩りの中では、ボロであり、ロスでもあります

さぁこのモータルブローの効果ですが
一定確率による近距離での射撃
MAX時の性能は・・
70%で発動、250%のダメージで敵のHPが50%以下の場合10%の確率で即死
いろいろ注文が多いスキルです・・
ただ単なる攻撃スキルではなく、持っているだけで状況により発動してくれる受動的なタイプのスキルで、便利っちゃ便利なスキルです
なんていうのこういうの・・?
敵との距離を詰められた時の攻撃、かつての”殴り”の条件により発動
70%の確率にて250%とやや強い矢を放つことが出来ます
また攻撃時にモンスターのHPが50%以下だった場合のみ、10%の確率で即死効果も追加発動
ちなみにモータルブローの即死効果で葬ったモンスターの経験値はそのHPに応じて減少

モータルブローの存在価値
パワーノックバックと違って危機的状況から脱出できる訳ではなく
単純に殴りという弱点の克服がしたかったのでしょうか
僕には悪あがき思えますが・・
注目して見ると思いのほか殴りは多発するもので、その殴りが250%のダメージに変わったならば狩りの効率はうなぎ上り!
そして一番、輝くのは突然目の前にモンスターが沸いたという戦況
例えどんな巨体が矢をさえぎろうとも250%のダメージで怯ませることが出来れば、その隙に逃げるなり吹き飛ばすなりできるわけです
ただ発動率の70%がどうも腑に落ちない、頼りきれないスキルです・・

なんとも微妙なスキルですが、あるに越したことはないというか
中途半端に上げるんであったら、折角ですからMAXまで上げちゃいましょう

mo-taruda1.jpg
ピカーン!
この瞬く一光が即死効果発動の合図!
即死効果はオマケといってもいいような効果で、発動すればラッキーとでもお考えください
撮影も苦労したくらい・・
でもこうして見るとカッコイイスキルだよね


★ご質問への回答
Qでも、モータルをマックスにしようとすると他のを削らないと出来なさそうですが
 その場合どれが候補になるでしょう?イーグルでしょうか・・・?

Aその通り、モータルブローは窮屈なスキルスケジュールのもと、結構な幅を取るスキルです
 足りない分をどこから補えばいいかと言うと、
 ゴールデンイーグルとスラストです
 ゴールデンイーグルはお世辞にも実用的だとはいえぬスキルなため
 4次でのフリズベルクの条件である15レベルでストップ(マックスレベル30)
 スラストは十分な性能を得られる10レベルでストップ(マックスレベル20)
 これらの節約でモータルブローにもポイントが回ってきます
 モータルブローを捨ててゴールデンイーグルを積極的に使っていく手段も考えられますが
 ゴールデンイーグルはどうも、アイスショットと相性が悪く
 やはり15でのストップをオススメします
パペットについて
パペットとは
案山子と言い慕われる頼れる身代わりスキル
いくら回避率を上げたって下手な鉄砲も数打たれれば当たるものです
そんな敵の攻撃を根本的に削ぐのがこのスキル!
モンスターを攻撃すると、そのモンスターの攻撃の標的にされます
この現象をターゲットといい、このゲームではごく当たり前の現象です
パペットではこの当たり前を覆します!
自分に向けられたターゲットを、パペットにうつすことが出来るんです


             ~パペット劇場~
        パペットの性能を分かりやすくお伝えします
pape1koma.jpg
おやおや・・見るからにマヌケなモンスターがいるので、ちょっと刺激してみます・・

pape2koma.jpg
これでモンスターのターゲットは攻撃をした僕に向けられます

pape3koma.jpg
なので、もちろんこの僕が攻撃を受けるわけです
ここでパペットを召喚すると・・

pape4koma.jpg
というわけです
パペットが解除されるまでモンスターはひたすら攻撃し続けます

pape5koma.jpg
ここでパペットを解除すると、ターゲットは解除され
僕に対しての怨憎も忘れてしまったようです・・
~Fin~

pape6koma.jpg
パペットが存在する限り、こちらからの攻撃はなんのその、一心不乱にパペットを殴り続けるのだ!
反撃などはお構いなしに第三者として攻撃が出来るわけです
とてつもなくモンスターが間抜けに見えてしまいますが・・・
pape7koma.jpg
このスキルはB級のボスまでなら通用します
エリアボス、ビシャスプラントあたりはそれなりに効果アリ

pape8koma.jpg
しかし、モンスターの攻撃範囲によってパペットの位置が問われることもあり
マリオネットの札、バイキングの大砲、ケンタウロスの槍など、射撃の類は流れ弾に注意
さらに飽くまで自分のターゲットを被るのみなので
他のキャラのターゲットをうつすことは不可能
他のキャラの攻撃では、モンスターのターゲットをパペットに固定することも無理です
PT狩りでの過信は禁物です


このスキルの応用による”縛りつける”テクニックも紹介しましょう
パペットを安置に召喚することによって、モンスターの行動を制限できます
papesibari1.jpg
モンスター沸きまくり!混雑極まりない!
そんな場面にぶち当たったとき、アイスショット、アローイラプションなどで一気にターゲットをとり
papesibari2.jpg
そして手の届かないところにパペット!
可愛そうなことに、モンスターはパペットの下を右往左往する他なくなり
アイスショットすら使わずに狩ることが出来ます
う~ん、便利便利
書くもんじゃない!ぶちまけるもんだ!
どうもこんにちわ
予告どおり長考のほどを書留に来た次第です
とりあえず「日記」という形式に適うものとしたら
出来事を書こうという原点回帰に限りますが・・
なしにあらずの実生活ですが
書くことはあるんだろうか・・
特別、行事物や祝い事を取り上げようとも思わないし
日々のありふれたことを押し付けがましく書き綴るのもなんだかね
メイプルやってたころはネタが明白だったからスラスラ更新できたものの
ネタが確定しないとためらい、うろたえ、へたり込むものです
ネタを形で捉え、固着するこの性はブロガー向きでないとも言えますが
やはりテーマがないブログなんて、草木掻き分けながらの100M走
それはそれでいいのかな、試行錯誤の一つの形なのだろうか
ちょっと軽量化を図ろうと思っています
単純に言えば文字数を減らすことですが
ただそれだけでポップなブログを演じ切れるのか、いいやそんなはずはない!
そこで・・
yuuhi.jpg
こんな感じで画像を挿入!
昔は画像豊かなブログであったじゃないか!
いつの日からか、文章が埋め尽くすようになり葬り去られた習慣ですが
今ココに復活
良きブログとは文章と画像の黄金比によって築かれるものなんだね
・・えい!
asahi.jpg
・・完璧たる塩梅だ
見よ!今ココにて練成されたブログ業界を凌駕するこの黄金比!
Fc2の真理を!しかと目に焼き付けるがいい!
ちなみにこの写真は長崎修学旅行で携帯に収めた夕日、そして朝日です
そうそう長崎いったら、俺のお菓子の服従関係が大変動したよ!
今までカステラは甘ったるい上に、生意気な角砂糖の主張、そして手はべた付き紙においしいところが張り付いてしまう・・
あまり好きではなかったです
というより、カステラ作る材料があるのならばパンケーキ作ろう!パンケーキ!という一派に属しておりまして
旅行地の長崎には皮肉を感じたものですが
本場のカステラ一かじり大分気は変わるもんですね
今やご当地菓子の中ではちんすこうに続き二位ですよ
んー締まりが悪いけれど
じゃぁまた来週
比較的小さなあしあとで踏み切る!
どうもこんにちわ
ひさしぶりに”わさび魂ぺろ”としての再演!
狙ったわけでもなく丁度4ヶ月の間が空きましたね
でも決して再びメイプルに戻ることを思い至ったわけではなく
ただなんともなしに顔を出してみただけですよ
更新し続けることは苦手と承知ですが、放っておくこともこれまた苦手なようで
そのあたりの塩梅が僕には不向きなようです
めいぽに関してですが

・クリスマスに再び顔を出します
また例年のごとくそれをきっかけにだらしなくまた始めてしまうと思われますが
まぁそれも年末のあり方、なんだかんだで嫌悪はさらさらなかったりします
にしても、何に血迷ったのか友録も全員除名し、ギルドも取り壊しちゃったので
ネットゲームとしての楽しみ方ではなく、純粋に散策でしょうか
大好きな世界観な上、お約束的狩り場も数えきれないほどにあるものですから
そういえば新しいMAPができたようなので探検も欠かせぬスケジュールですよ
おっと、何故情報が入ってるかというと
未練たらたらとメイプルを検索かけることが、時にありまして・・
いやいや、これは本当にたまたま耳にした情報というやつで
知り合いのブログをチラ見したときに否応なしに注ぎ込まれた情報です
高齢者専用だとかなんだとか・・

・情報サイトとしての方針ですが
メイプルについて何一つ忘れたことはございません
常日頃、それについて考えているわけでもなく
意識の彼方にはっきりと風化しない記憶ってのがありますね
よって、再び情報を傾けることに関して何一つ差し支えはございませんが
それは需要に従うところなんだよね~
評価以前にこのサイトの浸透度が気がかりなんです
グーグルで検索してみたところ、う~ん
リンクとしての登場ばかり、ガリですね!紅しょうがですね!
ぺろさんのサイト最高でさぁ!みたいな大絶賛をおくれよ~、上辺だけでも!
まぁいいや、やはりメイプル総回診様様のリンクのお蔭で
なかなかの客足は叩き出せるのですが、リピーターという概念はここにあるのか・・?
一口に石弓情報サイトと言っても、幾多の列強が存在するわけで
それに屈服する形で幕を閉じたこのサイトに、栄光とやらはあるのだろうか!
以前に書いた覚えがありますが、
基本は列強に負けをとっても劣っても、何か一つや二つでも注目してもらえるところを作ろうと
そう、我がサイトのセールスポイントはこの溢れんばかりの狩り場情報なのだ!
でも、需要ってあるのかな・・
正直言うとルーパンの森の情報は嘘でした、後で行って騙されたよ
ようやく得たこのきっかけにて訂正いたしますが
いままで誤報流してたんだよな~、折角のお客様をたぶらかしたことになり
それによって憤慨された方、いるんじゃないかな~、貴重な信頼を失ったよ
うーん、狩り場以外にも伸び代って存在すると思うけど
でも高が知れてるよね、列強には敵わないよね
一人で考えると延々と終わりが無いんで、リクエストとかもらえると嬉しいです、が

・今後のブログの行方
ここにて更新しようかな~
今まで舞う人咽る人にて、更新してましたが
どうにもこうにもしまりが無かったので、他へ渡ることにしました
ここを更新の場としていいのか、といった感じです
また新しくブログを立ち上げてなどは今まで何度かあり
高い目標の元、看板倒れに終わったブログがいくつもあります
主にすらタイトルを忘れられ、今や化石となっているのかな
ネタはようつべにあり!
そんな時代があり、あの頃はyoutubeの動画を半年ですが毎日更新し続けていました
あまりに自分らしくない行為に心を痛めたのがようやく半年たってからということなんですが・・
でも一日500人とかまで上り詰め、全盛期だったのやもしれません
でもやはり一番楽しかったのはぺろっとめいぽ日記時代でしょうか
バトンやら画像加工やらしていたのは、あの頃まででしたから・・
また石弓さんのあしあとの兼営も一生懸命になれましたよ・・
過去を振り返り、感傷に浸るのはいけませんね
まぁ、そんなこんなで
ここを更新の場にしようかな、何を書いていくかは未定です
次回はそれについてタラタラ考えようかな~
copyright © 2005 ぺろさんのあしあと all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.